スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディア作製ツールを使ってU30SDを生け贄にしてみる

  • 2015/08/06(木) 00:39:48

Win10_00.png

デスクトップはSSDの空き容量が足りないし、しばらくWindows10にする予定はないんだけど、
やっぱり仮想のIPではわかりづらいので「メディア作製ツール」使って長年愛用しているASUSの「U30SD」にWindows10入れてみることにしてみた。

というわけでこんな感じ。
Win10_01.png

やったことといえば動作が不安定になったGoogle日本語入力とAviraの再インストールくらい。
特に障壁もなく、独自のファンクションキーも使える。
・・・と、思ったら、Bluetoothが「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。 (コード 43)」と警告表示。
このエラーNo.43はUSBコントローラーに由来するものだから、USBのドライバ一回全部削除して再起動したら無事に使えるようになった。
ドライバ関連はそんなもんかな、あとは普通に使えてたし。
次はアプリ関連。

まずCubase AI 6 & AI 7。
Win10_02.png

一回目普通に起動した時はライセンスが無効扱いになっちゃってたので、
eLicencer Control Center起動してライセンスのデータベース更新したら起動するようになったので問題なし。

続いてOffice。
Win10_03.png

まぁ大丈夫だとは思ったんだけど、問題なく普通に起動した。
ただ、キャプションバーがOfficeのUIと合わないww
そもそも今どき2007使ってるあたりでどうなんだって話なんだけど・・・w
最新版の購入を検討しようかなぁ・・・、でも普通に使えるしなぁ・・・ww

最後にPSO2。
Win10_04.png

これも全く問題なかったけど、ちょうど今日動作確認が取れたって公式にも発表されてたね。
とまぁ互換性気になってたのはこのくらいかな。
まだ使い慣れないし、「あの設定どこだよ」みたいなのが多いので少しずつ慣れていこうかと。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。